金沢美術工芸大学同窓会本部
 
 
 
第1章 総則
第1条
本会は、金沢美術工芸大学同窓会という。
第2条
本会は、本部を金沢美術工芸大学内に、支部を全国各地に置く。
第3条
本会は、会員相互の親睦を図り、母校金沢美術工芸大学の発展に寄与することを目的とする。
第4条
本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
1.
会誌、会員名簿の発行
2.
研究会、講演会の開催
3.
その他本会の目的を鉄製するために必要な事業
第2章 会員
第5条
本会は次の会員をもって構成する。
1.正会員:
金沢美術工芸専門学校、金沢美術工芸短期大学、同専科、金沢美術工芸大学及び大学院を卒業又は修了した者。なお、卒業でなくてもかつて前三校に在学した者で、本会長の承認を得た者は正会員となることができる。
2. 準会員:
金沢美術工芸大学または同大学院入学と同時に準会員となり卒業及び修了時に正会員となる。なお入学時以降卒業または修了時までに会費の未納者は除外する。
3. 名誉会員:
金沢美術工芸大学現旧学長並びに本会のために特に功労があったものにつき、会長が推挙し、代議員会で承認を得たもの。
第3章 役員
第6条
本会に次の役員を置く。
会長
1名
副会長
若干名
支部長
定数
代議員
若干名
監事
2名
運営委員長
1名
副運営委員長
若干名
運営委員
若干名
会計
1名
副会計
1名
第7条
役員は次の任務を行い任期2年とし、留任を妨げない。
会長:
別に定める運営規定により、正会員の中から代議員会において選出する。会長は本会を代表し会務を総括する。
副会長:
正会員の中から会長が委嘱する。副会長は会長を補佐し会長事故ある時はこれを代行する。
支部長:
各支部において選出し、全国各地の会員の地域的把握を計り、本会の運営が円滑に遂行されるようその任を務める。
代議員:
各支部および各地域の中から別に定める運営規定により選出され、代議員会を構成する。
監事:
別に定める運営規定により、正会員の中から代議員会において選出する。会計事務に関するすべての監査責任を持つ。
運営委員長:
運営委員会において互選し、会長が委嘱する。本会の会計事務を除くすべての事務を総轄する。
副運営委員長:
運営委員の中から委員長が委嘱する。副委員長は委員長を補佐し委員長事故あるときはこれを代行する。
運営委員:
正会員の中から会長が委嘱する。
会計:
正会員の中から会長が委嘱し会計事務に関するすべての責任を持つ。
副会計:
正会員の中から会計が委嘱する。副会計は会計を補佐し会計が事故あるときはこれ代行する。
第4章 顧問
第8条
本会に顧問を置く
本会の運営にその意見をもって援助を惜しまない人を会長が委嘱し、代議員会で報告する。
第5章 総会
第9条
会は2年に1回定例総会を開くほか、必要に応じて臨時総会を会長が開くことができる。
第10条
次の事項は、総会にて報告しなければならない。
1.
会則の改正
2.
事業計画
3.
予算及び決算
4.
会長、監事の選任など
第6章 運営委員会
第11条
運営委員会は通常、会長または運営委員長がこれを招集する。
第12条
運営委員会は会務を執行する。
第13条
運営委員会は本会の事務を4部に分掌する。
1.会計部
本会の予算及び決算事務を行う。
2.庶務部
本会の庶務及び渉外事務を行う。
3.企画部
本会の事業計画を行う。
4.広報部
会誌、会員名簿等の広報を行う。
第7章 支部長会
第14条
支部長会は、会長または支部長の3分の1以上が必要と認めたとき、招集することができる。
第15条
支部長会は、本会の運営に関して具申することができる。
第8章 代議員会
第16条
代議員会は定例会議を本会の会計年度終了後、2ヶ月以内に開催する。会長または代議員の3分の1以上が必要と認めたとき、臨時代議員会を招集することができる。
第17条
代議員会の定足数は総員の2分の1以上の出席(委任状含む)とし、出席者の過半数をもって議決する。
第18条
議員会は、次の事項を議決する。
1.
会則の改正
2.
事業計画
3.
予算及び決算
4.
会長、監事の選任など
第9章 会計
第19条
本会の会計は、入会金及び寄付金をもってこれに充てる。入会金に関しては別に定める運営規定によるものとする。
第20条
準会員は入会金として別に定める運営規定により入学と同時に納めなければならない。
第21条
本会の会計年度は10月1日より翌々年の9月末日までとし、会計報告は代議員会において承認を得る。
第22条
既納金は返還しない。
第10章 支部
第23条
支部は正会員15名以上を有し、支部事務局、支部規約、登録会員名簿、支部役員名簿を提出しなければならない。変更の場合も同様とする。
第24条
支部の活動は支部規約にもとづき親睦と活性化を図る。
第25条
本会の支部設立にあたっては、支部規約案および所属会員名簿を本部に提出する。
第26条
前項に変更があった場合、速やかにこれを本部に報告しなければならない。
第11章 補則
第27条
 
1.
会員は支部に所属し、支部未発足地の会員は本部に所属する。
2.
会員はその住所氏名を変更した時は速やかにこれを所属支部または本部に通知しなければならない。
3.
会員が金沢美術工芸大学並びに同同窓会の名誉を傷つける行為があった時、会長は運営委員会及び代議員会に諮り本人に通知の上除名することができる。
第28条
本会則に規定しない細目は、運営委員会によって執行する。
第29条
本会の運営を円滑に遂行するため運営規定を設ける。なお、運営規定は代議員会によって決定する。
本会則は1989年6月26日より実施する
本会則は2002年9月2日一部改正
本会則は2012 年5 月26 日一部改正
金沢美術工芸大学同窓会運営規定
 
第1章 役員選出
第1条
次期会長及び監事の候補者は、三役及び支部長会による選考会で推薦し、代議員会に提出する。 但し、立候補者がある場合は代議員会でうける。
第2条
 
1)
代議員の選出方法は、各支部正会員の内100名を1単位として、1名を選出する。選出については各支部に一任する。但し、各支部の代議員数は最大10名とする。
2)
100名以下の支部については、前条に関係なく1名の代議員を選出し、これに充てる。
第2章 会計
第3条
正会員は、けやき発行協力金1口1000円以上を本部に納める。
第4条
準会員の入会金は20000円とし入学時に本部に納入する。
第3章 本部と各支部の協力体制について
第5条
本部と各支部の連絡を円滑に図るため、正会員の名簿は本部で管理し、各支部会員名簿が必要な時は、速やかに配送する。